ボーナスサイト    

タルのページ > ボーナスサイト > 株で100万円勝利達成!!!



株で100万円勝利達成!!!



株の始め方

0. 株の練習をする。

 株取引の練習がK-ZONEというサイトで練習できます。
 参加料金は完全無料、資金は1000万円スタート、賞品も出ます。
 ただし、約定は、このゲームの場合のみ20分程度時間がかかります。約定とは、株を購入したり売却したりすることです。
 株価の動き方、約定までの流れなどを一通り把握できるし、日本経済の流れも把握できます。
 実際の株取引では、リアルタイムに約定ができます。

1. 株を買う為の証券会社を選択する。

 上記、K-ZONEのサイトで、一回の取引の料金ランキング等があります。
 私は楽天証券を選びました。

2. 証券会社と契約する。

 楽天証券のHPに、「資料請求・口座開設」のボタンがあります。そこで登録します。
 後日、資料が送付されるので、必要事項を記入し、送ります。
 その後、確認の電話として、証券会社を選んだ理由等のアンケートがあります。
 私の場合、「取引料金との兼ね合いで、選んだ」と答えました。
 電話の後、暫くしたら、口座開設等の資料が届きます。

3. 証券会社の口座に振り込む。

 上記資料の中に、振込みの口座が記載されているので、振り込みます。

4. 株取引をする。

 振込み完了後、楽天証券のHPに資金が入力されます。
 HP上で株取引を実施する事になります。
 携帯電話でもHPにアクセスできるので、非常に便利です。



株で100万円勝ったときの記録

100万円勝利の画面
 2013/4/15
 某株が300円台の時に10000株買って、
 400円台まで上がったので、売りました。
 他にも、何株か買っていたのも合わせて、
 結果、約100万勝つ事ができました♪♪♪
 勝った分の中から、20%税金で取られましたが。。。

 2014年からNISAという少額投資非課税制度が始まります♪

 年間100万円までの株の投資であれば、税金の20%がかからない。
 上記、没収された何十万かも今後はなくなります。
 でも、正直、年間100万円ってすぐに超えてしまいます。。。

 情報商材の効果があったからか、最近は、チャートを見るのが楽しみです。
 株に関して、色々な議論がなされているのを見るのも楽しいです。
 議論を、そのまま信じる事はせず、情報商材で学んだことも含め、
 自分が感じる通りにやってます。
 期間限定だったので、その情報商材は、もうないです。
 ただ、普段、ネットや新聞等でしか株価を見ていない人と、
 情報商材を出すくらいプロの方々のように、じっくりと株価を見ている人とは、
 明らかに結果が変わっていくのは事実だと思いました。
 情報商材があったから、勝つことができたんだと思います。
 勝たせていただいて、ありがとうございました♪

 これからも、株を続けようと思います。





株価のチャートの見方例

【例】


株で勝つためには、株価チャートを参考するのは必須だと思います。
チャートを毎日眺めていると、次の日、株価が上昇するのか下落するのか、
何となく予測がつけられるようになります。
一般的に言われている読み方だけはマスターした方がいいです。


ローソク足

  1日の始まりの取引された値を「始値」、
最後に取引された値を「終値」と呼びます。
1日の中で、最も高い株価を「高値」、
最も低い株価を「安値」と呼びます。
上記の4つを一つの棒線で表したものを
「ローソク足」といいます。

1日を統計しているローソク足だけでなく、
1週、1ヶ月を統計しているものもあります。

例えば、陽線で、始値と高値が同じ場合、
上ひげがなくなることがあります。
上、下、陰線、同じようになくなります。
  ローソク足がないものを丸坊主と呼びます。
陽の丸坊主は、買い勢力がきわめて強い、
陰の丸坊主は、売り勢力がきわめて強い、
という傾向があるそうです。

何週間にもわたって、株価が下がっている時、
陽の丸坊主が出てきたら、上昇する兆し、
といわれているそうです。
 
 


私が100万円勝った時は、ずっと東京電力の株のチャートだけを見てて、
買い時、売り時を見極めて売買していました。
東京電力の株価は、一時、大幅に下落した後、
ゆるやかに上昇していたので、それに合わせて、
私の資金も少しずつ増えていきました。

他に見ていたのは、日経平均株価です。
東京電力の株価は、私は日経平均株価の動きと似ていると思っており、
日経平均株価が下がっているのに東京電力の株価が上がっている時は、
次の日、東京電力の株価は下がるに違いないとか予想していました。

一応、関西電力などの他の電力会社の株価も見るときもありましたが、
滅多に参考にはしていませんでした。

日経平均株価も東京電力の株価も、
大きな要因(大ニュース等)もないのに3日連続で下落した時は、
次の日、買うようにしていました。逆も然りです。

今も多く使っているのは、niftyやYahoo!のファイナンスのサイトです。
チャートや企業の簡単な情報も見れるので便利です。
ただ、評論家の方々が論じている話は、鵜呑みにはしませんでした。
上記、株価が大きく変動した時の要因を探る場合は、
楽天証券が利用者に発信しているニュースを見るようにしています。
予測よりも、まずは事実だけを把握するように心がけています。
ニュースになった情報は、既に出回ってしまっています。
その中からの儲けは、ごくわずかな場合が多いです。

私が多く売買していた東京電力の株は、一時期、
上昇と下落の差が非常に激しい状態でした。
このメリハリが利いたチャートの
株の変動になっている銘柄が、私は好きです。





------- -- -- ---------
お薦めの書籍。
Amazonでの商品情報詳細はコチラです。
 
   楽天での商品情報詳細はコチラです。
 
------- -- -- ---------


2014/6/26 東京電力の株主総会に参加しました。
2014 東京電力 株主総会





FXで勝つための方法